獣医の資格と国家試験

1「獣医の資格と国家試験」とは
獣医になるためには、獣医師の免許を取得するために国家試験を受けます。
この国家試験、合格率は約85%と高いようにみえますが、獣医系の大学を卒業した人でも15%も落ちる、と考えると、難易度の高さがわかるでしょうか。
そのため、合格には、しっかりとした準備が必要です。
2 導入文
獣医となるために必要な国家試験について、詳しく説明していきます。
憧れの獣医になるためにはどのような試験があるのでしょうか。

獣医に必要な資格と受験料

獣医になるために必要な資格は、年1回の獣医師の国家試験に合格し、獣医師免許を取得します。受験料は13,900円です。

獣医師国家試験の受験資格

獣医師の国家試験を受けるためには、次のような受験資格が必要になります。

  1. 日本国内の高校を卒業もしくは、初等教育を含めて12年以上の教育課程を修了し、獣医大学で、6年間勉強し修了した場合。
  2. 獣医国家試験予備試験に合格した者
  3. 海外の獣医学校を卒又は、海外にて獣医師の免許を取得した場合、獣医師免許審議会又は獣医事審議会が獣医学の正規の過程(獣医学科・6年制)を修めて卒業したものと同等以上の学力及び技能を有すると認定した者

獣医師国家試験の受験時期

獣医師の国家試験を受験するには、平成29年の場合、
12月21日までに「獣医師国家試験等受験資格申請書」に、以下の書類を添付します。
履歴書
獣医大学の卒業証書の写しまたは、卒業証明書
卒業した獣医大学の入学資格及び修業年限を説明する書類
海外で獣医師免許を取得した場合には、その獣医師免許の写し
卒業した獣医大学の刊行物、ホームページ等の抜粋あるいは、当該の獣医大学が作成した書類
卒業した獣医大学の履修科目と、各科目の履修時間数と、授業内容に関する書類
海外の高校を卒業している場合は、独立法人国際交流基金か、公益財団法人日本国際教育支援協会が実施している日本語能力試験1級の資格を正目する書類

申請書の受付は、例年2回(5月・11月ごろ)実施しています。詳細は農林水産省ホームページを参考にしてください。
認定された場合に限り、獣医師国家試験(例年2月中旬に実施)を受験することができます。

獣医師国家試験の試験方式

獣医師国家試験の試験方法は、必須問題に関する試験や学説に関する試験と、実施試験があります。
試験の出題数は、次の通りです。

・必須科目:50問
・学説に関する試験:160問
・実地試験:120問
—————————————–
合計_330問

なお、必須試験や学説に関する試験、実地試験に関する試験はいずれも筆答による
マークシート方式となっています。

www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/zyui/shiken/attach/pdf/shiken-38.pdf#search=%27%E7%8D%A3%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E8%A9%A6%E9%A8%93+%E8%A9%A6%E9%A8%93%E6%96%B9%E6%B3%95%27  (獣医師国家試験:農林水産省より)

獣医師国家試験の受験会場

平成30年の獣医師国家試験は以下の会場で試験が行われました。
北海道:北海道札幌市中央区4条西5丁目 アスティ45 16階
東京:東京都江東区有明3-5-7  TOC有明 4階
福岡:福岡県福岡市博多区駅前4-2-25  代々木ゼミナール福岡校

http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/zyui/shiken/attach/pdf/shiken-38.pdf#search=%27%E7%8D%A3%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E8%A9%A6%E9%A8%93+%E8%A9%A6%E9%A8%93%E6%96%B9%E6%B3%95%27
(第69回獣医師国家試験の細目 – 農林水産省より)

獣医師国家試験の合格率、合格発表

獣医師国家試験の合格基準は、必須試験については70%以上、他の問題(学説A・Bと実地C・D)に関しては、総合点の60%以上となっています。
平成30年に実施された試験の合格率は以下の通りです。

  • 新卒:96.9%
  • 既卒:62.2%
  • その他:88.3%
www.maff.go.jp/j/press/syouan/tikusui/180309.html 

(第69回獣医師国家試験(平成29年度)の結果についてより)
なお、合格発表は、農林水産省のホームページに合格者の受験番号が資料としてアップされるのでそちらで確認することができます。

例:www.maff.go.jp/j/press/syouan/tikusui/attach/pdf/180309-3.pdf

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/tikusui/180309.html

(第69回獣医師国家試験(平成29年度)の結果についてより)
獣医になるための国家資格は、新卒時に取得されるケースがほとんどです。

年1回しか試験がないこと、会場が全国で3か所と限られていること、提出書類を用意する手間などから卒業後の最初試験で合格することを目指してがんばってください。