獣医学生のバイト・アルバイト

獣医学生のバイト・アルバイト

アルバイトに力をいれる大学生は多いですが、比較的忙しい立場の獣医学生は、どんなアルバイトをしている学生が多いのでしょうか。獣医学生のアルバイト事情について紹介します。

獣医学生はバイトできる?きつい?

学年にもよりますが、獣医学生は、基本的に平日朝から夕方まで必修の授業や実習があります。特に高学年になると、研究室の当番や実験等で休日がなくなってしまうことも少なくありません。さらに試験勉強や課題を進める時間も必要であるため、アルバイトに多くの時間を割くことはなかなか難しいでしょう。

しかし、時間がない中でも、アルバイトと勉強を両立している獣医学生はたくさんいます。時間を上手に使い、スケジュール管理をしっかりすることで、両立は可能です。

研究室所属の1年生から3年生くらいまでの期間でアルバイトをする獣医学生が多いですが、5年生以上になると実習中心となるため、忙しい期間とそうでない期間に分かれます。高学年になっても、実習のない期間を狙ってアルバイトを再開することも可能でしょう。しかし、国家試験近くになると、完全に時間を勉強に充てる学生がほとんどです。

学生時代にアルバイトをしていたことで、卒業後の進路を考えるきっかけになった人や、就職でアルバイト経験を生かせた人、また、アルバイトのおかげで、獣医師以外の一生の仲間ができたという人も多いようです。もちろんそれとは逆に、自身の体力を考え、学生のうちは勉強に集中するためにアルバイトはあえてしないという学生もいました。

大事なのは、周りに流されすぎず、自分の状況や環境を考慮して、どんなアルバイトが続けやすいのか、それともアルバイトをしない方がメリットが多いのか、自分で考えて選択することです。

では、獣医学生には、具体的にどのようなアルバイトが向いているのか、次の項目で紹介します。

獣医学生におすすめのアルバイト

獣医学生におすすめのアルバイトをいくつか紹介します。

■塾講師・家庭教師

他の学生と比べて、時間があまりとれない獣医学生のアルバイトとして人気なのが「塾講師・家庭教師」です。時給が比較的高く、自身の受験経験を生かせるのが人気の理由のようです。夜遅めの時間でのコマを担当したり、普段入れないシフト分を夏期講習等で補ったりして時間問題を解決することができます。

■イベントスタッフ

イベントスタッフのアルバイトは、イベント日程ごとに募集していることが多いため、日時を選べるという点で獣医学生でも無理なく応募することができます。曜日ごとではなく、単発であったり、一定期間の募集であることが多いため、授業がない期間にまとめて稼ぎたい人にはピッタリのアルバイトです。

■学内アルバイト

大学内にて、学生に向けてアルバイト募集がかかることがよくあります。入試の手伝いや、図書館の手伝い、生協アルバイトなどです。場所は学内のため、授業や実習が終わり次第すぐに勤務できます。学生への配慮もあり、募集後すぐに埋まってしまうことも少なくありません。

■動物病院

獣医学生によっては、低学年の早い段階から動物病院で実習もかねてアルバイトをしている人もいます。獣医学生への理解もあるため、シフトに融通をきかせてくれることもあるようです。そのままアルバイト先だった動物病院へ就職したというパターンもあります。

その他にも、居酒屋やカフェ、レストランやコンビニ店員、ドラッグストア等でアルバイトしている獣医学生もいます。いずれにしても、アルバイト先とよく相談のうえ、本業である学業に支障のない、シフトに融通がきくアルバイトが理想です。

獣医のアルバイト・バイトを探すなら

Pettie獣医大学のInsityが手がける獣医師の転職・求人情報サイトを是非、ご活用ください!

全国の獣医師の転職サイトの情報を一か所に集約しており、勤務地×キーワードや、院長先生の出身大学など、検索の切り口を多数設置しています。獣医学生がアルバイト先を探す際にもおすすめです。

獣医師の転職、求人の情報サイト「Pettie獣医師キャリア」https://pettie-career.jp/

多くの獣医学生が、授業や実習、勉強、サークル、アルバイト等で忙しい中でも充実した大学生活を送っています。獣医学部は他学部の学生に比べて、やや時間の管理が難しい環境ではありますが、悲観せず、楽しい大学生活を送ってほしいと思います。

関連記事

  1. 動物看護師とは?必要な資格や大学について

  2. 獣医インタビュー:田代雄太郎先生(日本大学生物資源科学部卒業生)

  3. 獣医は不足しているの?

  4. 獣医になる資格の取り方

  5. 【小学生向け】獣医になるには

  6. 「獣医師広報版のお知らせ」サイトの紹介