獣医インタビュー:吉田真由(仮名)先生(麻布大学獣医学部卒業生)

獣医インタビュー:吉田真由(仮名)先生(麻布大学獣医学部卒業生)

獣医インタビューを行いました。獣医師、吉田真由(仮名)先生へのインタビューです。

出身大学と学科をおしえてください。

麻布大学獣医学科です。

麻布大学獣医学科を志したきっかけをおしえてください。

縦、横のつながりが大きいことと、獣医学部棟と大学付属動物病院がつながっていて、小動物臨床を目指すにはよい環境だと思ったからです。

麻布大学での大学生活はいかがでしたか。

ほとんどが必修科目のため、拘束時間が長く、勉強面では大変苦労しましたが、大学の仲間たちと助け合いながら実習や試験を乗り越えることができました。私は動物行動管理学研究室に所属し、犬・豚・羊・鶏の世話をしながら、動物愛護センターのふれあいモルモットのストレス値についての卒論を作成しました。動物たちに癒されながら勉強できる環境はとても充実しており、有意義かつ楽しかったです。

大学受験の際はどのような勉強をしましたか。受験生にアドバイスがあればお願いします。

周りの生徒と比べ、自分は何が得意で何が不得意なのかを自覚し、科目ごとに自分のレベルにあったクラス、予備校、教師を選択していました。受験生の皆様には、多くの情報に惑わされず、初志貫徹の心をもって勉強し続けることで、精神的なブレもなく受験を終えてほしいと思います。

獣医師になろうと思った時期や、きっかけについて教えてください。

幼い頃からビーグルを飼っており、もともと動物は好きでした。小学生のときに開催された人体不思議展にて、本物の臓器や血管を見た時、好奇心が絶頂に達したのを感じ、医療に興味を持ち始めました。動物×医療を勉強できる道を考えたところ、獣医師という選択肢が出てきたのがきっかけです。

実際に獣医師になってみてどうですか。大変なこと、楽しいことなど教えてください。

大変なことは、立場をわきまえた言動に注意しなければならないことです。獣医師として、動物に関する発言をするときは、情報が間違っていないか、勘違いさせないかをよく考えてから口に出すよう心がけています。楽しいことは、患畜に癒されることです。

最後に、獣医系の大学を目指している学生にひとことお願いします。

獣医師になりたいというだけでなく、どんな獣医師になりたいのかが重要だと思います。未来のことを考えながらモチベーションを保ちつつ、勉強をがんばってください。

吉田真由(仮名)先生、インタービューへのご協力ありがとうございました。

Pettie獣医大学では獣医大学を志す人向けに、各大学の情報や、獣医大学に関する情報を掲載しています。その他の記事も、獣医系の大学を受験する人や、獣医師を志す人向けの情報となっていますので、良かったらご覧ください。

関連ページ

Pettie獣医大学の獣医インタビューに応えて頂ける、獣医師の先生を募集しています。
お勤めの病院や、獣医学生へ向けた病院紹介も可能です。お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

関連記事

  1. 獣医インタビュー:田代雄太郎先生(日本大学生物資源科学部卒業生)

  2. 獣医は不足しているの?

  3. 獣医を志す人が知っておきたい災害と台風

  4. 動物看護師とは?必要な資格や大学について

  5. 地域猫活動(TNR活動)をしている獣医師

  6. 「獣医師広報版のお知らせ」サイトの紹介