社会人から獣医大学に入る方法はあるの?

社会人から獣医大学に入る方法はあるの?

社会人になったもののやはり獣医師や獣医学分野への夢が捨てられないという方も多いのではないでしょうか。
そんな方にお勧めの進学方法があります。学士編入学を認めている大学や社会人でも勉強できる獣医大学です。
条件は厳しいですが、挑戦してみる価値は十分にありますので、
今回紹介した方法を利用して夢を果たしてみてはいかがでしょうか。

獣医師になるにはどうしたらいいの?

社会人から獣医師になることも可能は可能ですが、獣医師になるには農林水産省が指定する6年制の大学を卒業後、獣医師国家試験に合格することが大前提となっています。それは社会人でも同じことです。
獣医大学は日本全国で17校あり、獣医大学は倍率も高く非常に狭き門となっています。詳しくは「獣医師になるには」をご覧ください。

社会人から獣医師になる方法はあるの?

社会人になってから獣医大学に入学し獣医師を目指す方法はありますが、
夜間の獣医学部はないので一般の学生同様に6年制の獣医大学に進学し国家試験に受かる必要があります。

獣医師になるには、大学で6年学び研修が3年程度必要とされているので
独り立ちするまでは最低でも10年間はかかります。そのため、30歳くらいで学び始めても40歳を超えてしまいます。
獣医師になるのに長い時間がかかることは、目指す際には予め覚悟しなければなりません。

獣医師になるため獣医学部へ学士編入学する

一部の獣医大学では学士編入試験という制度があります。
例えば、北里大学では2年次への編入が可能です。4年制以上の大学を卒業(見込み)し、学位(学士)を取得した者であることが必要です。
書類審査のほか、小論文や面接が課されます。
参考サイト:http://www.kitasato-u.ac.jp/jp/goukaku/undergraduate_ad/transfer/bachelor_exam/vmas.html

社会人向きの大学院で獣医学について勉強する

社会人向きの授業カリキュラムを組んでいる大学にも着目してみましょう。
例えば宮崎大学の大学院では、獣医師国家資格の受験資格を得ることはできませんが、社会人として仕事を続けながら獣医学分野の勉強をすることが可能です。
「社会人学生への配慮」として授業を土日もしくは平日の夜に実施しています。獣医学の博士課程が設けられており、1学年を2倍で履修することができる「長期履修制度」が認められるそうです。
参考サイト:https://www.miyazaki-u.ac.jp/ijudaigakuin/adult%20student.html
獣医大学によって、特色は様々です。また、変化もありますのでご希望の獣医大学の最新の情報を取得することをお勧めします。

社会人から獣医師になるのは厳しすぎる、それなら……

日中に授業があることもあり、働きながらの獣医大学への通学は現実的に考えて難しものとなります。獣医師という仕事にこだわらず、動物病院や動物関係の仕事がしたいのであれば、「動物看護師(士)」になるという方法もあります。通信講座で学ぶこともできるので、働きながらそういった道を模索してみてもよいかも知れません。

社会人になってから獣医学部に学士編入するためには4年制の大学を卒業していなければいけません。
また、独立するまで10年程度の長い時間かかるので早めの受験をお勧めします。通信教育といった学習方法はありませんので、ご自身の希望と向き合い、時間やお金がかかることを覚悟したうえで決めましょう。

関連記事

  1. 獣医大学の名門はどこ?

  2. 動物実験と獣医大学 

  3. 獣医大学受験勉強中の健康管理

  4. 海外にある獣医大学

  5. 獣医大学院について

  6. 帰国子女枠のある獣医大学